FEEL THE POWER OF COLORSカラーコミュニケーションでつながる。8つのフィールド

現代のライフスタイルにおけるあらゆるシーンを想像してみると、
コアになるいくつかのフィールドが浮かび上がってきます。
環境、美、衣、食、住、医療、心、学。

これら8つのフィールドは人や社会と深いつながりがあり、
カラーコミュニケーションを通じてさらにさまざまなフィールドへと複雑に連鎖していきます。
今後のライフスタイルの変化によって、その連鎖は新たなフィールドへとどんどん広がっていくでしょう。

色そのものを知るだけでなく、
8つのフィールドにおいて色がどのような目的を持って使われているのかを考えること。
そして、色が人の心や暮らしにどのように作用しているのかを知ることは、色の力を学ぶ上での基本となります。
この基本をしっかりと身に付ければ、未来の自分の価値を高めることにも、
社会全体をより良い方向へと変えていくことにも役立てられるでしょう。


FEEL THE POWER OF COLORS社会をデザインするカラー

現代社会は、個人を中心に社会を構成する全ての要素が密接に結び付いています。
色を軸に考えてもそれは同じこと。

個人が自由に表現できるパーソナルの色から、
共有する人の目的や用途に合わせたパブリックスペースの色、
目的によって異なる個々の集まりから形成される地域の色、
統一のとれた色が求められる都市や国の色、
それら全てを包括する環境の色へとお互いに影響を及ぼし合っているのです。

それぞれの空間で色にどのような役割を果たしてもらうのか、それを考えるのが色彩計画です。
色には1つとして意味のないものはありません。
それぞれの背景を知り、意味のある使い方をすることで色は生きてくるのです。